照屋行政書士事務所

ABOUT

MOBILE QR CODE

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

メリット・デメリット

建設業許可のメリット・デメリット

メリット

①工事施工範囲が広がる

請負代金が500万円以上(建築一式工事1500万円以上)の工事をするには、建設業の許可が必要です。
許可を取得することによって、無許可業者と大きな差が出てきます。


②信用がアップする

元請けから許可の取得を求められる場合が多いと聞きます。
許可を取得することによって、元請けから仕事が受注しやすくなります。
さらに、名刺や看板に建設業許可番号があるのとないのでは、請負先からの印象も違うでしょう。


③金融機関からの融資が有利になる

融資の条件に建設業許可を取得することを求められるケースがあります。
金融機関から見れば、建設業許可を取得していることは、信用につながります。


④公共工事の受注が可能になる

公共工事の入札参加には、建設業許可を取得していることが条件になります。
建設業許可➟経営事項審査➟入札参加となるわけですが、許可の取得が第一歩になるのです。
公共工事を受注してビジネスの幅を広げましょう。


デメリット

①手続きが何かと面倒

許可を取得する場合の、申請書は複雑で、要件を満たすように作成する必要があり、必要書類はどこで取得すればいいか分からない場合が多いです。
また、許可を取得した後も、

・5年に1回の許可更新
・様々な変更届
・1年に1回の、年度報告、経営事項審査申請

といった面倒な手続きがあります。
これらの点は当事務所へご依頼いただければ解決いたします。


②費用がかかる

許可や更新手続き、経営事項審査など、費用がかかります。
沖縄県の県証紙を購入して申請する必要があります。


③時間が膨大にかかる

手続きが面倒であることと、5つの要件を満たすように申請書類を作成しなければなりません。それに、必要書類をすべてご自身で集めようとすると、非常に時間がかかります。
また、申請書類に不備があると窓口で返され、1か月の予約から取り直しという事態になってしまいます。
これらの点は当事務所に代行を依頼していただければ解決いたします。

CONTACT

TEL  098-856-5765
FAX  098-850-5486
mail   teruya-m@nirai.ne.jp
事務所  沖縄県豊見城市字嘉数180番地2
休日   土曜日・日曜日・祝日
PAGE TOP